デオドラントスプレーを使用する女性

すそわきが(陰部のわきが)の臭いに悩んでいる人は、市販のデオドラントスプレー(制汗スプレー)を使用しても臭いの抑制に効果が得られません。

また、市販のデオドラントスプレーや制汗スプレーを、デリケートゾーンに使用することは、肌トラブルの原因となり危険です。

すそわきがに悩んでいる人には、デオドラントスプレーではなくデリケートゾーン専用の「デオドラントクリーム」の使用をおすすめします。

ポイント

デオドラントスプレーは、すそわきが専用に作られたデオドラントクリームとは違って、「制汗効果に強い商品」と「殺菌効果に強い商品」というように、商品により効果が分かれています。しかし、すそわきがの臭いを抑制するには「殺菌・制汗」のどちらも重要なのです。

すそわきがにデオドラントスプレーがおすすめできない理由

デオドラントスプレーに悩む女性

殺菌力が低い

デオドラントスプレーは、脇汗の制汗作用を目的として作られているため、殺菌力は専用のデオドラントクリームに比べて低いです。したがって、多汗症で悩む人が、汗をおさえる目的として使用するのであれば有効ですが、殺菌力も重要なわきがの人には、汗を抑えるだけの制汗スプレーは、消臭効果が低く有効とは言えません。

持続力が短い

デオドラントスプレーは「液体」を散布することで汗腺をふさごうとするため、きちんと汗腺がふさがれずに汗や臭いがもれてしまう可能性があります。さらに、汗によって液体は流れ落ちやすいため、スプレーでは効果の持続力が弱いです。

香料など

多くの制汗スプレーは「香料」が含まれています。薬局に行くと、様々な香りの制汗スプレーがならんでいます。しかし、すそわきがの人が香料を含んだ制汗スプレーを使用しても、すそわきがの臭いと制汗スプレーの匂いが混ざって、さらなる悪臭を作りだしてしまいます。

すそわきがの臭いを、制汗スプレーや香水などの「香り」でごまかすのは逆効果です。すそわきがの人に香料が含まれているデオドラントスプレーはおすすめできません。

成分によるトラブル

最近では、制汗スプレーで有名なメーカーから、スティックタイプのデオドラント商品が販売されています。スプレーよりも確実に汗腺をふさぐことが可能となり効果は期待できますが、塗布した部分が白くなったり、腫れてしまったりと、肌トラブルが多い難点があります。その原因は、商品に含まれている成分にあります。

どこの薬局にもおいてある代表的な制汗剤に含まれる成分を見ると、酸化亜鉛混合物Vやβ-グリチルレチン酸など、肌に優しい「天然成分」ではありません。デオドラントスプレーに使用されている成分では、「金属アレルギー・敏感肌・アルコールアレルギー・乾燥肌」の人が使用した場合に、肌トラブルが起きる可能性がきわめて高いと言えます。

こまった

デオドラントスプレーやスティックタイプの商品は、ワキ・足とそれぞれに専用の商品はありますが、デリケートゾーンへの使用は不可です。

すそわきがに使用できる、市販のスプレータイプやスティックタイプのデオドラント剤は現状、販売されていません。

なぜ市販の制汗剤は陰部に使用できないの?

女性の陰部はとてもデリケートな部分であるため、製品に含まれている成分によっては炎症を起こしやすいです。

したがって、デオドラント製品に限らず陰部に使用する物は、デリケートゾーンにも使用可能となっているか確認する必要があります。

たとえば、市販のデオドラントスプレーには必ず以下の文面が書かれています。「顔・粘膜への使用は避け、除毛直後や傷等異常のある時は使わない。

陰部に使用しないとは書いてありませんが、性器は粘膜で形成されているので、上記の注意書きがあるデオドラントスプレーの使用は不可です。

市販のデオドラントスプレーは、おもにワキや足への使用を目的として作られています。ワキや足の皮膚は、デリケートゾーンと違って強いです。したがって、脇や足専用の商品をデリケートゾーンに使用すると、肌の炎症を起こしてしまうことになり、「黒ずみ」や「皮膚炎」の原因になるため危険です。

女性の陰部がどれほど繊細でデリケートな部分であるか理解して、使用する製品にも気を配ることが重要です。デリケートゾーンの間違ったケアは、「臭い・皮膚炎・黒ずみ」の原因につながります。

デリケートゾーンには、専用のデオドラントクリームを使用しましょう。

参考記事「すそわきがクリームの売れ筋ランキングと効果について