すそわきが石鹸

すそわきがの人におすすめなケアグッズが「デリケートゾーン石鹸」です。

女性の多くは、デリケートゾーンの正しいお手入れ方法を知りません。普段の手入れをきちんとおこなえば、陰部の臭いを軽減させられます。

ポイント

意外に知られていない、入浴時の陰部のケア方法。間違ったお手入れは、雑菌の増殖や、性病になりやすくなる恐れがあります。

すそわきがにおすすめのデリケートゾーン専用石鹸

    1. LC’Sジャムウ・ハーバルソープ

      すそわきが石鹸LC'Sジャムウ・ハーバルソープ

      販売数98万個突破!LC会員100万人が選んだ人気ナンバーワン商品

      ・日本女性の肌質に合わせたオリジナル成分を配合
      ・臭いと黒ずみの両方に効く
      ・気になるところなら全身どこにでも使える

      • デリケートゾーン専用石鹸
      • ジャムウ配合
      価格 口コミ おすすめ
      1,895円 ★★★★★ ★★★★★

LCジャムウハーバルソープの詳細を見てみる

女性の様々な悩みに答える商品を次々に展開するLC(ラブコスメ)の中で、人気ナンバーワン商品が「ジャムウハーバルソープ」です。インドネシアの製造方法はそのままに、日本女性の肌質を考えた植物エキスを配合しています。さらに、無着色・無香料で、防腐剤や安定剤のような余計な成分は、一切含まれていません。したがって、肌トラブルの心配無用です。また、臭いと黒ずみが気になる箇所なら、デリケートゾーン以外にも、脇・顔・足など、どこにでも安心して使用できます。

LC’Sジャムウハーバルソープの口コミレビューと効果の詳細

    1. ロンタルハーバルジェルソープ

      すそわきが石鹸ロンタルハーバルジェルソープ

      日本女性の肌質に合わせたオリジナル成分を配合

      ・持ち運びにも便利なチューブタイプ
      ・黒ずみにも効果を発揮
      ・ソープナッツ配合で泡立ちアップ

      • デリケートゾーン専用石鹸
      • ジャムウ配合
      価格 口コミ おすすめ
      4,590円 ★★★★☆ ★★★★☆

ロンタルハーバルジェルソープの詳細を見てみる

市販の石鹸で陰部を洗った場合は、きちんと洗い流さないと、かゆくなったり、かぶれの原因になったりすることがあります。ロンタルハーバルジェルソープは、主成分が水でできているため、洗い流さなかったとしても問題ありません。また、美容クリームと石鹸の中間に位置する商品で、双方の良い性質を合わせ持っています。さらに、持ち運びにも便利なチューブタイプが人気です。

    1. ドルチェローズ 生ジャムウソープ

      すそわきが石鹸ドルチェローズ 生ジャムウソープ

      ローズとイランイランの香りで愛され度アップ

      ・ローズとイランイランの優雅な香り
      ・かゆみにも効果を発揮
      ・アンダーヘアのケアもおこなえる

      • デリケートゾーン専用石鹸
      価格 口コミ おすすめ
      1,600円 ★★★☆☆ ★★★☆☆

ドルチェローズ生ジャムウソープの詳細を見てみる

殺菌・消臭効果以外にも、ローズとイランイランの香りで、優雅なバスタイムを過ごせます。さらに、アンダーヘアのごわつきも解消してくれる作用があるので、男性からの愛され度もアップします。また、アンダーヘアーのごわつき解消は、下着の中の通気性が良くなり陰部の蒸れを軽減させるため、臭い抑制にも効果があります。

デリケートゾーン専用石鹸で洗う重要性

デリケートゾーン専用石鹸

陰部を洗う際は、市販のボディソープではなく、デリケートゾーン専用石鹸を使用して洗うことをおすすめします。

なぜなら、市販のボディソープで陰部を洗うということは、悪臭を生む細菌を増殖させているということになるからです。

すそわきがの原因は、皮膚の内部に分布されている「アポクリン汗腺」の数と大きさです。これは遺伝により生まれもつ体質であるため、このアポクリン腺を失くすには、手術を受けるほかに方法はありません。

しかし、すそわきがの匂いを発している原因は、汗腺からでる汗を分解する「細菌」にあります。この細菌の活動を抑えれば、すそわきがの臭い抑制につながります。

ただし、間違ったケア方法は逆に臭いの増加を助けてしまう可能性があるので、注意しなければなりません。

市販のボディソープは大事な菌まで落としてしまう

陰部には、表皮ブドウ球菌という「善玉菌」と、黄色ブドウ球菌という「悪玉菌」の2つの常在菌(多くのヒトに共通して見られる菌で病原性のないもの)が存在します。

善玉菌と呼ばれる「表皮ブドウ球菌」は、汗や皮脂を食べて、「良い香りを作る脂肪酸」を生みます。一方、悪玉菌と呼ばれる「黄色ブドウ球菌」は、汗や皮脂を食べて、「悪臭を作る脂肪酸」を生み出します。

悪玉菌は、アルカリ性の環境を好んで繁殖します。しかし、私たちの皮膚は、善玉菌の分解活動によって弱酸性の環境が保たれているため、悪玉菌が繁殖しないような仕組みになっています。

ところが、市販のボディソープで陰部を洗うと、汚れだけでなく、善玉菌まで洗い落とされてしまうのです。

市販のボディソープは、界面活性剤(かいめんかっせいざい)という成分で作られています。界面活性剤は、「洗剤・薬品・化粧品」などに使用されていて、汚れを分解して落とす力が非常に強い成分です。したがって、界面活性剤の入った市販のボディーソープを使用すると、汚れだけでなく善玉菌も洗い落としてしまっていることになるのです。

善玉菌は、入浴するだけで約90%が失われると言われています。入浴によって失われた善玉菌は、残った善玉菌の増殖により24時間かけてもとの数に戻っていきます。しかし、市販のボディーソープの使用で90%以上の善玉菌が失われると、もとの数まで増殖するのにさらに時間がかかってしまいます。

増殖までに時間がかかってしまい善玉菌の数が少ない状態だと、皮膚はアルカリ性の環境に保たれてしまいます。すると、アルカリ性を好む「悪玉菌」がどんどん増殖していきます。そのため、悪玉菌が生む悪臭がどんどん増加されていきます。その悪臭がすそわきがの臭いを悪化させてしまうのです。

さらに、陰部は、すそわきが以外にも、生理やオリモノで臭いの原因が多く存在します。
市販のボディーソープで手入れをしていると、悪玉菌を増殖させる手助けをおこなうことになり、すべての臭いが増してしまうことになります。

デリケートゾーン専用石鹸「ジャムウ」の効力

ジャムウとは?

ジャムウの素材のイメージ

ジャムウとは、インドネシアに古くから伝わる、ハーブの葉・花・種・実・根を調合して作られた薬を使用して手入れをする方法です。ジャムウは、とくに「女性特有の体の悩み」や、「産後の対策」に重宝されてきました。インドネシアの女性達が、各家庭の中で長い年月をかけて作り出したレシピが、何世代にもわたり受け継がれてきた伝統ある「お手入れ方法」なのです。

ジャムウを使用したデリケートゾーン専用石鹸

ジャムウは、臭いや黒ずみにも効果を発揮するうえに、その配合成分がデリケートゾーンに使用可能なことから、多くの「デリケートゾーン専用石鹸」に取り入れられています。

市販のボディソープに配合されているような善玉菌を殺してしまう成分は、ジャムウ石鹸には含まれていません。すべてが「天然成分」で作られているので、陰部への使用に適しているのです。

したがって、陰部を洗う際は「デリケートゾーン専用石鹸」で洗うほうが、善玉菌を殺さずに、臭いのもとだけを取り除くので、安心かつ効果的です。

LCのジャムウハーバルソープは、「日本人女性の肌に合わせた独自の成分を配合」しています。

ジャムウの成分がデリケートゾーンの使用に適していても、日本人とインドネシア人の肌質は同じではありません。そこで、日本人女性の肌質を考えて作られているのが、「LC’Sジャムウハーバルソープ」です。

さらに、日本女性の悩みに多い「デリケートゾーンの臭い・黒ずみ」「乳首の黒ずみ」「ワキや足の臭い」に注目して作られたソープです。

LCのジャムウハーバルソープ

参考記事「LCジャムウハーバルソープの詳細を見てみる

陰部の正しい洗い方

陰部の手入れは、使用する石鹸だけでなく、洗い方も重要です。洗い方のポイントは下記の3つです。

指の腹でやさしく洗う

臭いをとりたい一心で、ナイロンタオルでゴシゴシと洗ってはいませんか?強く洗うと善玉菌まで殺してしまいます。指の腹をつかって優しく丁寧に洗いましょう。

しっかり泡立てて洗う

陰部は繊細でデリケートです。石鹸を泡立てネットでしっかりと泡立てて、その泡で洗いましょう。指が直接肌に触れるのではなく、指と肌の間につねに泡のクッションがあるように、刺激を与えずに洗うことが重要です。そうすれば、刺激による黒ずみを避けられます。

前から順番に洗う

はじめに陰毛から順番に洗っていき、最後に肛門となるように、前から順番に洗っていきましょう。陰毛は地肌をマッサージするようにしっかり洗いましょう。また、性器付近は優しく洗うように注意しましょう。

ポイント

膣内は洗う必要はありません。膣内には、清潔を保つ役割をもつ常在菌がいます。膣内を洗剤や石鹸で洗うと、常在菌まで洗い流されてしまいます。常在菌がいなくなると、膣内の病気になりやすくなります。