すそわきがの対策に効果的な3つのポイント

すそわきがの疑問

すそわきが(陰部のわきが)の対策方法として、以下の3つが挙げられます。

  • 日頃のケアにデオドラントクリームを使用する
  • お風呂ではデリケートゾーン専用石鹸を使用する
  • 生活習慣の改善をおこなう

この3つの対策方法を実行すれば、頑固なすそわきがの臭いを軽減させることが可能です。

ポイント

全ての対策をとれなくても、強力な殺菌力のあるデオドラント製品を使用すれば、臭いを大幅に抑制できます。さらに専用石鹸との「ダブル使い」で高い効果が期待できます。

すそわきがの日頃のケアにデオドラントクリームを使用する

すそわきがクリームを塗る女性
すそわきがのニオイ対策には、デオドラントクリームの使用をおすすめします。

切開手術や、電気凝固法、ボトックス治療などの治療法をおこなわなくても、ニオイの発生源となる「汗と菌」を抑えれば、すそわきがの臭いを軽減させることが可能です。

すそわきがのにおい抑制に効果的なデオドラント製品が「デオドラントクリーム」です。

すそわきがのニオイは、消臭剤による消臭効果では消えません。なぜなら、すそわきがのニオイは強く、お風呂で洗ってもとれないほどだからです。すそわきがのニオイは、消臭するのではなく「殺菌・制汗」をして、ニオイが発生する原因をしっかり除去することが重要です。

デオドラントクリームは、すそわきがに悩む人のことを考えて開発されているので、においの原因となる「汗と菌」をブロックする作用が充分に含まれています。

デオドラントクリームを使用するなら「クリアネオ」

すそわきが対策グッズ

「口コミサイト(デオドラント部門)1位」を獲得した「クリアネオ」は、すそわきがの臭いを抑えるのに充分な「殺菌作用」と「制汗作用」があります。

クリアネオに含まれている成分は、「2つの有効成分」と「7種の天然エキス」になります。2つの有効成分がニオイの原因となる汗を抑えて菌を殺します。そして、7種の天然植物エキスにより肌が守られているため、デリケートな陰部にも使用が可能となっています。

高い殺菌能力と制汗作用を持ちながらにして、デリケートゾーンへの使用が可能な「クリアネオ」は、すそわきがの対策にもっとも適したデオドラントクリームです。

クリアネオは、効力の持続性が高いので、1日1回の使用で「すそわきが」のニオイ対策に充分な効果を発揮します。

ただし、1日に1度しか塗布できないわけではありません。肌に優しい天然成分で作られているので、1日に何度使用した場合でも肌に悪影響が出ることはありません。

さらに、化粧ポーチに入るほどコンパクトなので持ち運びにも便利です。臭いが気になったり、不安になったときなどにもすぐに使用できるので日常的に使用できます。

クリアネオの詳細を見てみる

オッケー

クリアネオはすそわきがだけではなく、顔・脇・乳首・おへそ周り・手のひら・足にも使用可能です。汗やニオイが気になる部分には全身どこにでも使用できるので、クリアネオ1本あればニオイに関する悩みが解決されます。

お風呂ではデリケートゾーン専用石鹸を使用する

すそわきがの石鹸

お風呂で陰部を洗う際には、市販のボディソープではなくデリケートゾーン用石鹸の使用をおすすめします。

女性の陰部はとてもデリケートな部分です。お風呂で洗う際には全身のどの部分よりも気を使う必要があるといっても過言ではありません。

なぜなら、陰部の肌や性器は刺激にとても弱いからです。不衛生にしていれば、汚れによりニオイや、かぶれの原因となります。しかし、洗いすぎや、誤った洗い方をしていると、ニオイの原因である菌の増殖を助けることにもなります。

また専用石鹸は、市販のボディソープとは違ってデリケートゾーンへの使用を考えて作られているものなので、殺菌作用だけではなく「臭い対策・黒ずみ」にも効果を発揮します。

デリケートゾーン専用石鹸の使用には「LC’Sジャムウハーバルソープ」

すそわきが対策グッズ

LC’Sジャムウハーバルソープは、インドネシアに古くから伝わる製造方法をそのまま使用しています。ジャムウとは、インドネシアの女性達の「産後のケア」や「女性特有の悩み解消」に使われてきたお手入れ方法で、そのレシピに注目して作られたものがジャムウハーバルソープなのです。

さらに、日本人女性の肌質に合わせた成分を配合しているため、日本女性でも肌トラブルの心配はなく、安心して使用できます。

LC’Sジャムウハーバルソープの詳細を見てみる

こちら

ジャムウハーバルソープは、デリケートゾーン以外にも「黒ずみや臭い」が気になる脇・足・ひじ・ひざなどへの使用にも効果的です。

なぜデオドラントクリームの使用がニオイ対策に適しているの?

すそわきがについて調べる女性

本気でニオイを抑えたい人には、市販の制汗剤ではなく専用のデオドラントクリームの使用が適しています。とくに、わきが・すそわきがなどの強いニオイには、デオドラントクリームに含まれている、殺菌力と制汗作用の強い成分が有効となります。

デオドラントクリームの使用がニオイ対策に適している理由

デオドラントクリームの使用がニオイ対策に適している理由は以下の2つです。

有効成分がニオイの原因となる汗と菌をブロックする

すそわきがの人は、陰部に分布される2つの汗腺(アポクリン汗腺・エクリン汗腺)のうち、アポクリン腺という汗腺の数が遺伝により生まれつき多く存在します。

このアポクリン腺は、思春期と同時に活動が活発になりだんだん大きくなっていきます。その活動によりアポクリン腺から汗が出ると、皮膚の表面にいる細菌が「分解活動」をおこないます。

分解活動とは、古い皮膚や角質、皮脂腺から出る皮脂と合わせて、汗を分解する働きのことを言います。この分解活動の際に発生するニオイが「すそわきがの臭い」なのです。

わきが・すそわきがのしくみ

つまり、このアポクリン腺から出る「汗」を抑え、分解活動をおこなう「菌」を殺せば、すそわきがのニオイは発生しなくなるのです。

すそわきが専用のデオドラントクリーム「クリアネオ」には、殺菌能力が非常に強い成分「イソプロピルメチルフェノール」が使われています。さらに、制汗作用のある成分「パラフェノールスルホン酸亜鉛」も配合されているので、ニオイの発生する仕組みを根本から除去します。

殺菌成分 イソプロピルメチルフェノール
制汗成分 パラフェノールスルホン酸亜鉛
クリームが汗腺をしっかりとふさぐため持続力が長い

クリームを塗りこむことで、アポクリン腺やエクリン腺がしっかりとふさがれます。汗腺にしっかりとフタができていれば汗の分泌を抑えられるので、ニオイの発生を抑制するほかにも、クリームが汗で流れ落ちる状態を防ぐ効果があります。

そのため、デオドラントクリーム「クリアネオ」の効果の持続時間は12時間以上にもなります。したがって、1日に1回の使用で効果を充分に実感できます。

参考記事「すそわきがクリームの売れ筋ランキングと効果について

市販の制汗剤ではニオイは抑えられない

市販のデオドラントスプレー

薬局でよく見かける制汗スプレーや制汗剤では、すそわきがのニオイは抑えられません。その理由として、以下の3つが挙げられます。

殺菌能力が低い

市販の制汗剤に含まれている殺菌成分は、すそわきが専用のデオドラントクリームに比べて殺菌能力が低いです。

さらに、スプレータイプの制汗剤の場合は、汗腺をしっかりふさぐことができないので、汗やニオイを抑える成分がすぐに流れ落ちてしまいます。したがって、市販の制汗剤はデオドラントクリームに比べると、効果はほんの一瞬のものになります。

香料が含まれているものが多い

わきが・すそわきが特有のニオイに他の匂いを混ぜると、さらに悪臭を生み出してしまいます。

香料は、わきがの大敵と考えていいでしょう。したがって、ほとんどの製品に香料が含まれている市販の制汗剤は、わきが・すそわきがの人の使用にはおすすめできません。

デリケートゾーンへの使用ができない

市販の制汗剤に含まれている成分は化学物質が多く、デリケートゾーンへの使用が可能な商品はありません。

また脇に使用しても、アレルギーがある人は肌トラブルを起こす可能性があります。特にデリケートな陰部には、肌に優しいデオドラントクリームが理想です。

参考記事「すそわきがにデオドラントスプレーがおすすめできない理由

なぜ市販のボディソープよりも専用石鹸の使用が重要なの?

すそわきが石鹸

市販のボディソープには、皮膚に必要な善玉菌までも一緒に洗い流してしまう成分が含まれています。

したがって、もっともデリケートな陰部を洗う際に、市販のボディソープの使用はできるだけ避けたほうが良いのです。

陰部には、皮膚の環境を整える「善玉菌」と、悪い香りを作りだす「悪玉菌」が存在します。善玉菌が多いとわたしたちの皮膚は「弱酸性」に保たれていますが、悪玉菌が多いと「アルカリ性」に変化します。

市販のボディソープに使われている「界面活性剤」という成分は、汚れを落とす力が非常に強いです。そのため、善玉菌も簡単に洗い流してしまいます。

善玉菌がいない状態が続くと、皮膚はアルカリ性の環境に変化していきます。アルカリ性の環境が保たれると悪玉菌が増殖していき、悪い臭いが増加してしまうのです。

つまり、市販のボディソープでデリケートゾーンを洗うと、皮膚に悪い環境を保つ手助けをしていることになるのです。

デリケートゾーン専用石鹸には、界面活性剤は使われていません。

肌に優しい天然成分を使用しているので、善玉菌を殺してしまうこともありませんし、肌トラブルなどの心配もないためデリケートゾーンへの使用に自信を持っておすすめができます。

参考記事「すそわきがの人におすすめのデリケートゾーン専用石鹸

生活習慣の改善をおこなってすそわきがのニオイ増加を防ぐ

すそわきがに悩む女性

生活習慣(ストレス・タバコ・食事)を改善すると、体臭やすそわきがのニオイを軽減させられます。

ストレスや喫煙、食生活の乱れは、アポクリン汗腺を刺激したり、ニオイを生む細菌の大好物となる脂質を作り出す原因となります。

ストレスをためない

ストレス解消法を見つけて溜め込まないようにしましょう。過度なストレスを感じ続けていると、眠っていたアポクリン腺まで活動を開始してしまう可能性もあります。

また、ニオイを気にしすぎているとそれがストレスとなるので、ニオイに過敏になりすぎないことも大切です。

1日に吸うたばこの本数を減らす

禁煙が難しい人は、1日に吸う本数を減らすのも効果的です。ニコチンやタールの量ではなく、ニコチンが1日に摂取される回数が重要になります。

本数を減らしたり、電子タバコに変えるなどして、ニコチンの摂取回数を減らしてみましょう。

食事の欧米化をやめて和食に心がける

欧米人はわきが・すそわきがの割合が日本人に比べて非常に高いです。もともとの体質もありますが、食生活も大きく影響しています。

欧米的な食事(ジャンクフード、炭酸、スナック菓子、肉食)を避けて、魚中心で野菜の多い和食に変えるだけで体臭やわきがのニオイの強さを抑えることが充分に可能です。とくに、動物性脂肪の摂取には充分に気をつけましょう。

参考記事「すそわきが対策ガイド|あそこの臭いを抑える3つのポイント

ポイント

わきが・すそわきがは体質的な問題ですが、ニオイの発生のメカニズムを知れば、すぐに始められる対策法はたくさんあります。自分で出来る対策をおこなって、自信を持つことからはじめましょう。

VIOラインの脱毛をするとニオイ抑制に効果的?

下着の女性

VIOラインの脱毛はニオイの抑制に効果があります。

陰毛があると皮膚の表面に汗をとどまらせてしまいます。汗が皮膚の表面にとどまると細菌が分解活動を活発におこなうので、ニオイが増していきます。

さらに、汗によって陰部は蒸れた状態になるため、細菌の好む温室のような環境が保たれてしまうのです。したがって、細菌の増殖を助ける環境が陰毛によって作られてしまいます。

また、陰毛があると膣内の分泌物や分泌液が溜まりやすく、陰部は不衛生な環境になってしまいます。

つまり、陰毛があると、すそわきがの悪臭を増加させる条件がそろうことになります。VIOラインの脱毛をしていれば、陰部が蒸れにくくなり清潔な環境が保たれるので、悪臭を生む原因の減少につながるのです。

参考記事「デリケートゾーンの脱毛ですそわきがの臭いが軽減される?

    ページの先頭へ