すそわきがの手術や治療

あそこのわきが「すそわきが」は、形成外科や美容外科で除去手術を受けられます。しかし、すそわきがの除去手術は保険適応のものがないため、費用が高額です。

また、切開手術による傷跡や術後の痛みへの不安やリスクがともないます。

デメリットが多いうえに再発の可能性があるのが、すそわきが除去手術の現状です。

すそわきがの除去手術も以前に比べて進歩していますが、まだデメリットが多く、手術による合併症などの危険もあり、すそわきがの再発の可能性も全くないとは言い切れません。

ポイント

手術を受ける前に一度、デリケートゾーン専用のデオドラントクリームで「安価で簡単」な対策方法をおすすめします。

すそわきがの手術とは

すそわきがの除去手術は、「超音波吸引法」という施術方法が適用されます。

わきがの手術になると、他にも「皮下組織削除法」や「剪除法(せんじょほう)」などがあります。しかし、陰部に対してこの2つの手術をおこなうのは難易度が高く、脇ほど改善がみられないため多くの医療機関ではおこなわれていません。

すそわきがの除去手術「超音波吸引法」とは

超音波吸引法は、超音波による振動でアポクリン汗腺を破壊し、吸引していく方法です。

この手術はすそわきがとわきがの両方でおこなえます。ただし、他の手術方法とは違って、アポクリン汗腺の除去を医師が目で確認できないため、アポクリン汗腺の取り残しによる再発の可能性がもっとも高いと言われています。

アポクリン汗腺とは、人間の皮膚の表面にある2つの汗腺(汗を分泌する腺)のうちの1つで、フェロモンを発散するときに臭いのある汗を分泌します。この汗腺が、すそわきがやわきがの臭いの原因になっているので、アポクリン汗腺をすべて取り除いてしまえばすそわきがを完治できます。

超音波吸引法の施術内容

超音波吸引法の説明図

陰部に局部麻酔をしたのち、1〜2センチほど切開します。そこへ、ソノペットという超音波メスを皮膚の内部(皮下)に挿入します。

この超音波メスは、おおよそボールペンぐらいの太さのもので、先端から超音波を放出します。その振動によりアポクリン汗腺を破壊し、さらに吸引することができる器具です。

超音波メスを皮下へ挿入後、左右へ動かしながら超音波振動によって破壊したアポクリン汗腺を吸引して除去していきます。

超音波吸引法のメリット
  • 手術時間が短い
  • 切開部分が小さい
  • 術後、事務仕事のような体を動かさない仕事なら出勤可能
超音波吸引法のデメリット
  • アポクリン汗腺を完全に取りきれないと再発の可能性がある
  • 火傷や皮膚壊死などのトラブルが起きる可能性がある
  • 術後、約1週間は入浴できない(シャワーは3日後から可能)
  • 色素沈着する可能性がある
  • 術後、通院の必要がある
保険適応 適応外
費用 35万円
時間 40分〜2時間
陰毛はなくなるの?

手術の際、陰毛は剃る必要がありますが、施術により毛根は除去されません。したがって、陰毛はなくなりません。

多汗症も治る?

超音波によって破壊するのはアポクリン腺のみです。多汗症の原因となるエクリン腺は除去しないのでわきがの臭いを治す手術方法によります。
※医療機関によっては、エクリン汗腺も除去する場合があります。

参考記事「すそわきがの手術と治療についてメリットとデメリット

すそわきが除去手術に不安がある人はデオドラントクリームで改善

すそわきがクリームを塗る女性

すそわきがの手術に不安がある人は、すそわきが専用デオドラントクリームの使用をおすすめします。

手術 クリアネオ
費用が高い 月4,980円でOK
時間がかかる 1日1回の塗布でOK
痛みや傷跡が怖い パッチテスト済みで安全

すそわきがの手術を受けるのは不安が大きいですよね。手術に踏み出すまでにかなり勇気が必要です。

また、医師の高度な技術が必要になるので病院選びも難しいです。さらに、そこまでしても再発の可能性が高いとなると、手術を受けるにはデメリットの多さが気になります。

手術をしなくても、すそわきがの治療法として「ボトックス治療」「ビューホット治療」というものがありますが、どちらの治療方法も手術に比べて治療効果は低く、持続効果も短いとされています。

手術や治療に不安がある人は、ぜひ「デオドラントクリーム」を試してみるといいでしょう。

参考記事「すそわきがクリームの売れ筋ランキングと効果について

陰部を清潔な状態にしたあと一塗りするだけで、制汗・殺菌効果が持続します。手術を受けるより安価で、不安もありません。また、自宅や外出先でも簡単にケアができます。

こちら

「臭いが気になる」という悩みやストレスは、わきが・すそわきがの臭いを強くしてしまいます。

また、女性にとってすそわきがの臭いはもっとも深い悩みです。陰部の臭いを気にしないで生活できるように、まずは、臭いに関する不安を解消しましょう。

わきがの手術方法 保険適応の手術

すそわきがの手術は1つしかありませんが、わきがの手術は超音波吸引法以外にも、以下の2つの方法があります。

皮下組織削除法

皮下組織削除法は、わきがの原因となるアポクリン汗腺を皮膚の内部から除去していく方法です。

はじめに、わきに局部麻酔をします。そののち、わきを1〜5センチほど切開して、はさみの刃にカミソリがついたような形をした専用器具を皮下組織(皮膚の最下層)に挿入していきます。

次に、皮膚の上からローラーで圧迫をして、取り残しのないように皮下組織内部のアポクリン腺を削りとっていきます。

皮下組織には毛根やエクリン汗腺もあるので、皮膚組織削除法を受けると同時に多汗症の治療や脱毛の効果も発揮します。

皮下組織削除法のメリット
  • アポクリン汗腺だけでなくエクリン汗腺・毛根も同時に除去されるため「脱毛」「多汗症治療」効果がある
  • わきのしわにそって切開するので傷跡が目立たない
  • わきがの手術で最も効果と持続力が高い(半永久的)
皮下組織削除法のデメリット
  • アポクリン汗腺の確認が難しいためデリケートゾーンには施術できない
  • 術後、約1週間は入浴ができない
  • 術後、幹部の固定をするため仕事や学校を休む必要がある
  • 術後、通院の必要がある
  • 医師の高度な技術が必要となる手術である
  • むくみや腫れといった症状がでる
  • 術後、3〜4日ほど痛みがでることがある
保険適応 適応外
費用 30万円前後
時間 1〜2時間

剪除法(せんじょほう)

わきがの手術で、健康保険が適応できるのは「剪除法(せんじょほう)」のみです。

剪除法は、脇の下を切開したのち皮膚をはがして、医師が汗腺を目で確認しながらはさみで切除していく方法です。

ただし、剪除法はデリケート部位への施術ができないのですそわきがには適用できません。

局部麻酔をおこなって、わきの下のもっとも脂肪の少ない部分を4〜5センチ切開します。
その後、切開部分から皮膚をはがして、汗腺を丁寧にはさみで切り取っていきます。

皮下組織削除法や超音波吸引法とは違い、皮膚をはがして汗腺を確認しながら除去していくため効果がもっとも高いです。また、再発の可能性も低いと言われています。

剪除法のメリット
  • 保険適応で費用が安い
  • エクリン腺と毛根も同時に除去するため「多汗症治療・脱毛」にも効果がある
剪除法のデメリット
  • 切開部分が大きい(傷跡は5〜8センチにおよぶ)
  • 切開部分が大きいためデリケートゾーンには施術できない
  • 術後、通院の必要がある
  • 術後、約2週間は入浴ができない
  • 約1週間は仕事や学校を休まなければならない
  • 術後3〜4日ほど痛みがでることがある
  • 医師の高度な技術が必要である
  • 術後、3日間はわきを動かせない
保険適応 適応
費用 4万円
時間 1〜2時間
こまった

保険適応手術は4万円程度で施術可能ですが、傷跡の大きさや術後の痛みなどのリスクが不安を生みます。
抜糸までに10日〜2週間かかるため安静にしている期間も通院期間も長いです。

なぜ術後に安静にしていなければならないの?

タイオーバーという方法で施術箇所をガーゼで縫合して圧迫しているためです。

施術後、患部にガーゼを縫い付けて圧迫固定します。これをタイオーバと言います。

タイオーバーをすることで、「傷口の止血・患部の固定・むくみ防止」の効果があります。むくみを防止すると傷口の治りも早くなるので、タイオーバーはわきが・すそわきがの術後の処置にもっとも適しているのです。

また、術後はなるべく患部を動かさずに安静にしていることが重要です。そのためにも、タイオーバーをして術後の安静をはかっています。

タイオーバーは医師の判断にもよりますが約2〜3日ではずせて、約7〜14日経つと抜糸をおこないます。それまでは、傷口が開かないように、また合併症などの危険がないように、入浴をやめて安静にしているように決められています。

何科の病院で診断してもらう?

わきが・すそわきがの手術を受けるには「形成外科・美容外科・皮膚科」で診断を受ける必要があります。

クリニックによってはカウンセリング(診断)は無料でおこなっているところもあります。

わきが・すそわきがの診断は、「幹部にこすりつけたガーゼを医師が直接嗅いで判断する」方法になります。そんな方法で信用していいのか疑う人もいるかもしれませんが、形成外科・美容外科・皮膚科の医師は何人ものわきが・すそわきがの臭いを嗅いできているプロです。

また、人間の臭いを識別する能力は高く「臭気判定士」という資格があるほどです。したがって、専門の医師による診断は確実なものとして信用していいと言えます。医師による診断で、わきが・すそわきがと判定されれば手術の方法を決める相談に進みます。

医師による判断でわきがではないとされても臭いを感じる人は、体臭が強いか、自臭症(自分はくさいという妄想の病気)の可能性があります。
体臭はわきがではないので手術を受ける必要はありませんし、自臭症であれば精神科の治療が必要になります。