ボトックス注射のイメージ

すそわきがの治療法に、ボトックスという薬を直接注入する「ボトックス治療」があります。

ボトックス注射は、汗を抑える効果がみられるため多汗症治療として使用されることが多いですが、汗を抑えることで臭いの増殖も抑えられることから、わきが・すそわきがの治療法としても使用されています。

ただし、1回の注射で汗と臭いを軽減させる効果を発揮しますが、持続力は約6ヶ月間と永久的なものではありません。

あくまで一時的な治療法として利用されています。

ポイント

一時的な治療で高額な費用を払うのであれば、デオドラントクリームや制汗剤を使用して毎日のケアを継続させる方法をおすすめします。

すそわきがの治療法「ボトックス注射」とは

ボトックス注射とは、陰部にボトックスという薬剤を注射する治療法です。

ボトックスとは、ボツリヌス菌という海や川などの土砂に生息する菌が作る毒素を弱くした薬のことです。

ボツリヌス菌の作り出す毒素は、わずかな量でも人間を死に追いやるほどの危険性がありますが、ボトックスは毒素を最大限弱くしているので危険性はありません。

ボトックスを筋肉に注入すると、筋肉の働きを低下させる効果があります。そのため、美容外科では一般的に、表情筋に注射して「しわ」をなくす美容目的で使用されることが多い注射です。

ボトックス注射の効果

ボトックス注射を検討する女性

ボトックス注射をワキや陰部におこなうと、エクリン汗腺の働きを弱めて発汗を抑える効果があります。

エクリン汗腺とは、無色無臭のサラサラとした汗を生み出す腺のことで、全身に分布されています。ただし、人間の皮膚に分布される2つの汗腺のうち、わきがに関係しているのはエクリン腺ではなく「アポクリン汗腺」です。

では、なぜボトックス注射によりエクリン汗腺の働きを抑えると、わきが・すそわきがの臭いが軽減されるのか?それは、エクリン汗腺から汗が出なくなると、脇や陰部の湿度が低くなって細菌の増殖を抑制できるからです。

そもそもわきがの臭いの原因は、アポクリン汗腺からでる汗ではありません。アポクリン汗腺からでる汗を、皮膚の表面に生息する細菌達が分解活動をおこなう際に発せられる臭いが原因なのです。

アポクリン腺は脇や陰部などの濃い毛が多い箇所にだけ分布されています。アポクリン汗腺が分布されている箇所は、毛に覆われているため汗がとどまりやすく、皮膚が蒸れた状態になっています。湿度が高いところで細菌は増殖をおこないます。

しかし、ボトックス注射によりエクリン腺の汗が抑制されると、脇や陰部の蒸れが軽減されて細菌の増殖を抑えることができます。細菌の増殖が抑制されれば、細菌の分解活動によって発せられる臭いも減少するため、わきが・すそわきがの臭いが軽減されます。

したがって、エクリン汗腺からでる汗が抑えられるだけでわきが・すそわきがの臭いを軽減させられるのです。

ボトックス注射の持続期間と治療時間

ボトックス注射を打つと、約3〜4日で効果があらわれます。持続期間は6ヶ月ですが、個人差があるので1年間効果が持続される人もいます。

また、片脇約5分ほどで完了するので、治療に時間はかかりません。

ただし、初診で医師によるカウンセリングを終えてから、ボトックスを発注するよう定められているため、治療を受けるまでに日数がかかります。したがって、初診当日は治療を受けられないので注意してください。

※麻酔を使用する場合は、麻酔塗布時間に約30分ほどかかります。

ボトックス注射の費用

ボトックス注射の費用は、治療を受ける医療機関によって様々です。また、脇汗を抑えるボトックスは、治療を受ける人の体格によって1回に注入できる量が決められているため、金額に差がでます。

さらに、2012年11月より、ボトックス治療の保険適応が認められました。しかし、保険が適応されるのは「重度の多汗症」と医師に診断された人のみで、それ以外の人は自費診療になります。

保険適応 両脇30,000円〜
自費診療 両脇80,000円〜100,000円

参考記事「すそわきがの除去手術と保険の適応について

すそわきが・わきがのボトックス治療では、治療部位を脱毛しておくと効果がさらに発揮されるため、クリニックによっては脱毛を同時におこなうことを勧められます。

脱毛を同時におこなっていく場合は、脱毛の料金もかかるので、結果的に高額な治療になってしまいます。

ボトックス注射の副作用

ボトックス注射の副作用は、ほぼありません。しかし、一時的に「脱力・筋肉痛・発疹・注射部位の痛み」が副作用であらわれる場合があります。

ボトックス注射は痛み

ボトックス注射は細い針を使用し、さらに注射部位を冷却しながらおこないますが、ボトックス注入時に痛みがあります。そのため、医療機関によっては有料で「塗る麻酔」を使用できます。

また、ボトックス注射は片脇1回ずつでは終わりません。片脇10〜15回は注射をします。つまり、合計20〜30回は痛みに耐えることになります。

ボトックス注射治療のメリット・デメリット

ボトックス注射のイメージ

ボトックス注射のメリット・デメリットは以下の通りです。

ボトックス注射治療のメリット

  • 手術より簡単にできる
  • 治療した当日から入浴、飲酒、運動が可能
  • 手術痕や黒ずみの心配がない

ボトックス注射治療のデメリット

  • すそわきがの場合陰部の脱毛をおこなわなければならない
  • 効果が持続するのは6ヶ月間
  • 副作用がでる場合がある
  • 痛みがある
  • 汗に効く治療なので臭いに治療効果を発揮しない可能性がある

ボトックス注射は、すそわきがに関する他の治療方法「切開手術(超音波吸引法)・ビューホット治療・電気凝固法」に比べて費用がもっとも低いです。

参考記事「すそわきがの手術と治療についてメリットとデメリット

しかし、効果は一時的なもので、6ヶ月経過したら再度注射を受けに行かなければなりません。

もっと、安価で簡単な臭い解消法をお探しの人は、すそわきが専用のデオドラントクリームでのケアをおすすめします。また、デリケートゾーン専用石鹸でのケアも重ねると、より効果を発揮します。

デオドラントクリームの使用ならば、病院やクリニックに出向く必要ありません。自宅に商品が届きます。したがって、周りの目をきにすることもなく、誰にもバレずに「すそわきが」のケアをおこなえます。

すそわきがの人の多くが、24時間365日匂いを気にしていて、悩みを抱えながら生活しています。

デオドラントクリームなら、臭いが気になったときや心配なときにすぐ使用できます。返金保障のあるデオドラントクリームもあるので、お試しの使用もおすすめです。

参考記事「すそわきがクリームの売れ筋ランキングと効果について