わきがの女性

わきがの人は、すそわきが(陰部のわきが)になっている可能性が非常に高いです。

わきがの臭いは、私たちの皮膚に分布されている2つの汗腺(エクリン汗腺・アポクリン汗腺)のうち、アポクリン汗腺の数が多いことが原因となっています。さらに、このアポクリン汗腺の数は、遺伝で決まります。

アポクリン腺は、「ワキ・陰部・耳・乳輪・肛門」に分布されていて、とくに、「わき・陰部」はもっとも多く分布される部位になります。

したがって、わきがである人はすそわきがである可能性も非常に高いと言えます。

こまった

女性はすそわきがの可能性が男性よりも高いです。とくに、性交渉のあとはホルモンバランスの関係で臭いがきつくなるため、男性との交際に踏み出せずに深い悩みを抱えた人も多いのです。

わきが・すそわきがの関係性

わきが」と「すそわきが」の関係性は深いです。どちらも臭いの原因となるアポクリン腺がもっとも多く分布される箇所であり、蒸れやすく、汗をかきやすい箇所でもあります。

そもそも、腋臭症(えきしゅうしょう=わきが)は、病気ではありません。遺伝によって決められた体質です。したがって、ある日突然わきがになることはないのです。生まれもった体質から、わきがの臭いを発する人と発しない人はすでに決まっています。

ただし、わきが体質の人の中でも、わきがの臭いを発症する人としない人がいます。アポクリン汗腺の数だけでなく、「太さ・大きさ」が臭いを発症するかの決め手となります

つまり、遺伝によりアポクリン汗腺の数が多く、さらに体質的に汗腺が大きい人は、臭いを発しやすいということです。

わきに分布されたアポクリン腺が大きくて、活発に活動するのであれば、同時に、陰部のアポクリン汗腺も大きく、活動を活発におこなっている可能性が高いのです。したがって、わきがの人は、すそわきがも併発している可能性が高いと言えるのです。

わきが・すそわきがのしくみ

わきが・すそわきがのしくみ

わきがは、遺伝により決まりますが、アポクリン汗腺がわきがの臭いを発しているわけではありません。

臭いの原因は皮膚の表面にいる細菌です。

この細菌は、アポクリン汗腺からでる臭いのある汗と、古い皮膚や角質・皮脂などを分解しながら増殖していきます。この分解活動の際に発せられる臭いが、わきが特有の臭いの原因なのです。

ポイント

女性のデリケートゾーンは、生理やオリモノなどの分泌物が多いうえに、陰毛や下着によって蒸れやすい状況にあるため、細菌が増殖しやすくなっています。したがって、すそわきがは女性が発症している割合が高いのです。

わきが・すそわきが(腋臭症)セルフチェック法

次の項目にあてはまる人はわきが・すそわきがの可能性が高いです。

  • 家系にわきがの人がいる
  • 耳垢が湿っている
  • 他人から臭いを指摘されたことがある
  • 鉛筆の芯のような臭いがする
  • 性交渉後、臭いが気になる
  • 服や下着に黄色いシミがつく


上記の項目のうち、とくに「家系にわきがの人がいる」「耳垢が湿っている」にあてはまる人はわきが・すそわきがの可能性が高いです。

ここで1つ注意していただきたい点があります。わきがと体臭がきついのでは、臭いの種類も原因もちがいます。体臭がきつい人が、わきがの治療法や手術を受けても臭いが改善されることはありませんので注意してください。

わきがの種類

わきがと呼ばれる臭いはみなさんイメージできると思います。ただし、その臭いがするのは、脇や陰部だけではありません。なぜなら、わきがの臭いの原因となるアポクリン汗腺は、脇や陰部にだけ分布されているのではないからです。

アポクリン汗腺は「ワキ・陰部」以外にも、「耳の中・肛門付近・乳輪」に分布されます。アポクリン汗腺の数が多ければ、5カ所のうち、どの箇所でもそれぞれにわきがの臭いを発症する可能性が充分にあります。

どこで臭いを発症するかによって、以下のように呼ばれています。

わき わきが
陰部 すそわきが・すそが
肛門 けつが
乳輪 ちちが
耳の中 軟耳垢(なんじこう)

アポクリン汗腺は、その出口が必ず毛根とつながっているため、上記5カ所の中でも毛が生えていない箇所に分布されることはありません。

アポクリン汗腺とは反対に、無色無臭の汗を分泌するエクリン腺は、その出口が毛根とつながっていないため、全身のどの箇所にも分布されています。ただし、エクリン汗腺からでる汗も、ストレスや疲労が原因で老廃物がたまった状態では体臭として臭いを放つことがあります。

参考記事「ストレスが原因?すそわきがの臭いが強くなる

わきが・すそわきがの改善法

わきが・すそわきがは、病院やクリニックなどで手術や治療を受ける方法があります。わきが・すそわきがの治療や手術では、わきが体質のもととなるアポクリン汗腺の働きを弱めたり、汗腺を除去するなどの処置がとられます。

しかし、手術では、切開によるダメージから肌が黒ずんでしまうことや、合併症を引き起こす危険性もあります。ボトックス治療や電気凝固法などの治療においては、治療効果は一時的なもので、永久的ではありません。

手術や治療には、まだまだデメリットの多さが課題として残されています。そういった処置をしなくても、臭いの原因となる細菌の増殖を抑えればわきが・すそわきがを改善することができます。

  • 殺菌
  • 制汗

この2つのケアをきちんとおこなえば、わきが・すそわきがの臭いは軽減されます。

参考記事「すそわきが対策ガイド|あそこの臭いを抑える3つのポイント

とくに、すそわきがに関しては、デリケートゾーン専用の石鹸で陰部を丁寧に洗うことや、入浴後にデオドラントクリームを塗布することで、殺菌作用に高い効果を発揮します。

高額な費用を払わなくても、日常の丁寧なケアを自分でおこなうことで臭いを改善できるので、まずは正しいケアから対策を初めてみるといいと思います。