子供のわきが

小学生のような小さい子供でもわきが・すそわきがの臭いを発症するケースがあります。

それと同時に、親が子供のわきがにどう対処していいのか分からないといった相談も増えています。

子供のわきが・すそわきがの臭いをなんとかしたいのであれば、わきが専用の「デオドラント商品」の使用が効果的です。

ポイント

子供のわきが・すそわきがは、手術や治療を受けるよりも、デオドラント製品の使用がおすすめです。手術や治療法は、「傷跡がのこる」「再発する」などのデメリットが多いです。また麻酔を使用することへの危険性も0ではありません。

子供でもわきが・すそわきがの臭いがするの?

小さな子供でもわきが・すそわきがの臭いを発症してしまう可能性はあります。その理由は、「食生活の欧米化」です。本来、わきが・すそわきがの臭いが発症していく流れは以下のようになります。

  1. 遺伝によってわきが・すそわきが体質が決まる
  2. 思春期と同時にアポクリン腺が大きく成長する
  3. わきが・すそわきがの臭いが発症する

しかし、現代の食生活の欧米化により、思春期を迎えていない小さな子供でもアポクリン腺が大きくて、臭いを発症してしまっているケースが増加しています。

わきが・すそわきが体質は遺伝によって決まっている

腋臭症(えきしゅうしょう=ワキや陰部などから強い臭いを放つ人体形質)は、肌の色・髪の毛質などと同じように親から子へと遺伝する「体質」です。

両親ともに腋臭症であれば、こどもに遺伝する確率は75〜80%、片親が腋臭症の場合、こどもへ遺伝する確率は50%と言われています。

子供へのわきが遺伝の確率

遺伝子によって親から子へ受け継がれているものは、「アポクリン汗腺」という汗を分泌する腺の数になります。遺伝により受け継いだアポクリン汗腺の数が多い人は、「腋臭症体質」になります。

アポクリン腺の数は、増えたり減ったりすることがありません。つまり、腋臭症体質は生まれたときに決まるということです。

また、アポクリン腺は分布される箇所が「脇・陰部・肛門周り・おへそ周り・乳首周り」に限られています。腋臭症でもっとも有名なものは「脇の腋臭症=わきが」です。

しかし、脇に限らずアポクリン腺が多く分布されている部位であれば、腋臭症になる可能性があります。「陰部の腋臭症=すそわきが」「肛門の腋臭症=ケツガ」といったように、腋臭症を発症する部位は人それぞれなのです。

参考記事「わきが・すそわきがの遺伝する確率は?

アポクリン腺が大きいとわきが・すそわきがの臭いを発症する

わきが・すそわきが体質であるすべての人が臭いを発症するとは限りません。遺伝で受け継いだアポクリン腺が大きくなると、「臭い」が発生します。

アポクリン腺が成長を始めるのは、思春期を迎える頃と言われています。思春期を迎えると同時にアポクリン腺が大きくなり、活発に活動しはじめます。

すると、アポクリン腺から臭いのある汗が放出されるようになります。これが、腋臭症の臭いが発生する原因です。

したがって、わきが・すそわきがの臭いを感じるようになるのは、一般的に思春期を迎えた頃から(中学生〜高校生)と言われています。

食生活の欧米化が進み思春期より前に臭いを発症する子供がいる

すそわきがの臭いを強くする食べ物

食生活は、わきが・すそわきがの匂いに深く関係しています。毎日の食事で摂取する食材によっては、アポクリン腺を刺激するほか、悪臭を生み出す原因を作ることがあります。

とくに、ジャンクフードのような、脂の多い欧米的な食事は、アポクリン腺を刺激して汗を大量に分泌させる作用があります。アポクリン汗腺は、刺激されることによりどんどん大きくなってしまいます。アポクリン腺が大きくなればなるほど、臭いも強くなってしまいます。

近年、日本人の食生活は欧米化が進んでいます。それにより、思春期を迎えるよりも前に、腋臭症の臭いを発症してしまう子供が増えてきているのです。

わきがの手術をおこなっている医師は、実際に患者のアポクリン腺を目で確認していますが、「ここ20年で若者のアポクリン腺の大きさは確実に大きくなっている」と言います。

まだ小学生に通っている小さな子供でも、わきがの臭いを発症してしまう可能性が高くなったため、子供の匂いに悩む親も増加しています。

腋臭症の臭いは本人では気づきにくく、周りのほうが敏感です。自分の子供からわきがの臭いがし始めると、親は子供が臭いでいじめられないか不安になります。

こちら

日本は臭いに関する偏見が強い国です。臭いが原因でいじめに発展したり、他人から差別されたりすることで、心の病気になる場合があります。

ただし、腋臭症の子供に親がしてあげられることはあります。正しい対策方法を学びましょう。

子供のわきが・すそわきがの対策方法

子供のわきが対策

わきが・すそわきがの対策方法は以下の3つがあります。ただし、小さな子供におこなう対策方法として「手術・治療」はおすすめしません。お子様への臭いの対策法としておすすめするのは、デオドラント製品の使用です。

  • デオドラント製品を使用する
  • わきが・すそわきがの手術を受ける(切開手術・アポクリン腺除去手術)
  • わきが・すそわきがの治療を受ける(レーザー・ボトックス注射)

小さな子供は、わきが・すそわきがの臭いもそれほど強くはありません。また、手術や治療を早いうちにおこなっても、体の成長にともない再発する可能性が充分にあります。

したがって、デオドラント製品の使用が子供への対策方法としてはもっとも安全で効果的です。

子供のわきが・すそわきがにはデオドラント剤で対策をとる

こどものわきが・すそわきがでお悩みであれば、デオドラントクリームの使用をおすすめします。

デオドラントクリームは、わきが・すそわきがの原因となる「汗や菌を抑える成分」が、小さなお子様にも使用できるように「肌にやさしい天然成分」で作られています。したがって、安心して使用できて、効果も充分に期待できます。

デオドラントクリームは、市販のデオドラント剤や制汗剤には使用されていない、殺菌作用の強い成分が使用されているので、消臭効果が高いです。

さらに、スプレーとは違いクリームがしっかりと汗腺に入りこむため、長時間発汗を抑えることができます。

また、アレルギー肌や敏感肌の人でも使用できるように、肌トラブルを引き起こす可能性がある成分の使用を避け、天然の植物エキスを使用しています。パッチテストでの肌トラブル検査も実施して結果を出しているので、お子様への使用もまったく問題ありません。

大人が使用しても抑臭効果を実感できて、女性のデリケートゾーンにも使用可能な製品です。子供がわきが・すそわきがで悩んでいるのなら、すぐにでもデオドラントクリームを使用してあげましょう。

参考記事「すそわきがクリームの売れ筋ランキングと効果について

子供へわきが・すそわきがの手術や治療をおすすめしない理由

子供へわきが・すそわきがの手術

わきが・すそわきがは、医療機関やサロンなどで「手術・治療」を受けて改善する方法もあります。しかし、子供に手術や治療を受けさせるのはおすすめできません。

子供への手術・治療をおすすめしない理由は、「再発の可能性が充分にあるからです。

食生活の欧米化により、腋臭症の臭いを発症する年齢が低くなっていますが、思春期と同時にアポクリン腺が成長しなくなるわけではありません。思春期を迎える頃には、アポクリン腺が成長を始めてさらに大きくなり、活発に活動します。

つまり、早い段階で手術や治療を受けさせても、思春期と同時にアポクリン腺が成長してしまうので、臭いを再発することになるのです。

また、手術も治療も、年齢制限はないので子供でも受けられますが、高額な費用がかかります。

わきが・すそわきがの手術は、メスで切開をしてアポクリン腺をとりのぞくため、切開部分が傷跡になったり、炎症を起こす可能性もあります。また、術後、1週間は安静にする必要もあるので、学校を休ませなければならなくなります。

わきが・すそわきが治療では切開をおこなわないため、手術ほどのリスクはありません。しかし、最新技術の機械を使用するため、費用は手術と同等か、それ以上になります。

参考記事「すそわきがの手術と治療についてメリットとデメリット

また、手術も治療も麻酔を使用します。小さな子供の体への負担を考えても、手術や治療はおすすめできません。

こまった

成人してからも、手術や治療を受けるよりデオドラント製品でのセルフケアをおすすめします。手術や治療を受けた人の中で、結局再発してしまったという人は少なくありません。