お風呂に入っている女性

お風呂に入ったのにアソコが臭い場合は、すそわきがの可能性が高いと言えます。

腋臭症(わきが)の臭いは強く、その中でも、すそわきがの臭いはお風呂で洗ってもとれません。

ポイント

すそわきがの臭いを落とすには、デリケートゾーン専用石鹸を使用して、陰部を丁寧に洗う必要があります。

お風呂に入っても陰部が臭うならすそわきがの可能性が高い

すそわきがの臭いは、お風呂で洗ってもとれにくく、翌日まで臭いが残っていることが多いです。

また、性交渉によって相手の手や、性器についたすそわきがの臭いも、お風呂で洗っても簡単にはとれません。

すそわきがを発症している人の割合は、男性より女性のほうが多いです。「なぜ女性の方がすそわきがになりやすいのか」というと、生理やオリモノなどの分泌物で、陰部が蒸れやすく不衛生になりやすいからです。男性よりも、女性はデリケートゾーンの匂いを強くしてしまう要素がそろっているため、すそわきがになりやすいうえに、臭いもキツくなりやすいです。

すそわきがの臭いは自分では気づけない

すそわきがの臭いは、中々自分では気づけません。そのため、すそわきがの臭いは本人よりも他人のほうが先に気づきやすいです。とくに、性交渉の際に、彼氏が臭いに気づくケースが多いので、すそわきがで悩む女性よりも、男性のほうが悩んでいるかもしれません。

「もしかしたらすそわきがかも」と心配になったかたは、お風呂から出た後で自分の陰部の匂いを確認してみてください。自分でも臭く感じたら、すそわきがの可能性が高いので、デオドラント剤で臭いを抑えるセルフケアをはじめましょう。

すそわきがとは?

腋臭症(えきしゅうしょう=わきが)の一種で、陰部の腋臭症のことを「すそわきが」と呼びます。すそわきがは、ある日突然なるような病気ではありません。

遺伝によって生まれながらに受けもった体質です。腋臭症体質である人は、人間の皮膚に分布される汗腺(エクリン汗腺・アポクリン汗腺)のうち、アポクリン腺の数が多く遺伝されています。

そのアポクリン腺が陰部に多く分布されていると、その人は「すそわきが体質」であり、さらにアポクリン腺が活発に活動する場合、すそわきがの臭いを発するようになります。

すそわきがセルフチェック法

以下の項目に当てはまる人はすそわきがの可能性が高いです。

  • 耳あかが湿っている
  • お風呂で洗っても陰部が臭う
  • 家系にわきがの人がいる
  • 下着に黄色いシミがつく
  • 脇からわきがの匂いがする
  • 陰部から古い洗濯バサミやスルメのような匂いがする
  • 乳首や乳輪がにおう

すそわきがの可能性が高いと思われる人は、臭いを軽減させる改善法を実践していきましょう。

参考記事「すそわきがの対策に効果的な3つのポイント

すそわきがではなくても、陰部が臭う原因があります。「膣内の環境が悪化していて分泌液がにおっている」または「性病」のどちらかです。このどちらかが原因でデリケート部分がにおっている場合は、かゆみやオリモノに異変が出るなどの症状がともないます。

その場合、産婦人科にいき診察を受けて正しい処置をしてもらいましょう。

お風呂で大切な「すそわきがの臭いケア」

お風呂でデリケートゾーンを洗う際には「デリケートゾーン専用石鹸」の使用をおすすめします。

すそわきがの石鹸

デリケートゾーン専用石鹸を使用するメリット

皮膚に必要な菌まで洗い落とすことがない

市販のボディソープに含まれている成分では、汚れを落とす作用が強すぎて、私たちの皮膚を良い環境(弱酸性)に保つ細菌までもが洗い落とされてしまいます。デリケートゾーン専用石鹸には、洗浄作用の強すぎる成分は含まれていません。したがって、肌に必要な菌まで洗い落とすことがありません。

敏感肌やアレルギー肌の人でも使用できる

デリケートゾーン専用石鹸は、敏感肌・アルコールアレルギー・金属アレルギーなど、肌トラブルを起こしやすい人が使用しても、問題がないように「肌にやさしい天然成分」を配合しています。また、デリケートゾーンの肌もフェイスやボディと同じように乾燥が大敵です。肌が乾燥すると、皮膚組織の老化が進み皮脂が溜まりやすくなって、臭いの原因となります。デリケートゾーン専用石けんは、肌トラブルを回避できるだけでなく、保湿力にも優れています。

抑臭効果が高い

市販のボディソープは汚れを落とすことに重点をおいて作られていますが、デリケートゾーン専用石鹸は、デリケートゾーンの臭いを消すことに重点をおいて作られています。そのため、消臭・抑臭効果の高さを実感できます。さらに、臭いだけでなく女性特有の悩みである「黒ずみ」にも効果を発揮します。

参考記事「すそわきがの人におすすめのデリケートゾーン専用石鹸

ポイント

デリケートゾーン専用石けんを使用すれば、頑固なすそわきがの臭いを軽減させられます。毎日の入浴時に使用するだけでデリケートゾーンの悩みが解消されます。臭いが軽減できれば、彼との性生活にも支障をきたしません。

入浴後におこなってほしいすそわきがの臭いケア

すそわきがクリームを塗る女性

入浴時にはデリケートゾーン専用石けんの使用をおすすめしますが、さらに入浴後にデオドラントクリームを使用すると、より高い抑臭効果を実感できるのでおすすめです。

すそわきがの臭いは、アポクリン腺から出る汗を皮膚の表面にいる細菌が皮脂や角質などと一緒に分解する際に発生しています。つまり、すそわきがの臭いを抑えるには、殺菌だけでなく制汗も重要になるのです。

入浴時に、デリケートゾーン専用石けんで菌や汚れを洗い落としたら、入浴後、清潔な肌にデオドラントクリームを塗りこみます。デオドラントクリームには、殺菌作用だけでなく持続力の強い「制汗作用」もふくまれているため、発汗をおさえることが可能です。

入浴後の一手間ですそわきがの臭いをさらに軽減させられます。また、デオドラントクリームによって汗が長時間抑えられるため、翌朝まで効果が持続しています。さらに、外出前にもう1度クリームを塗ることで夜まで臭いが気にならなくなります。

参考記事「すそわきがクリームの売れ筋ランキングと効果について

ポイント

本気ですそわきがの臭いを抑えたいのであれば、入浴時と入浴後のダブルケアをおこないましょう。手術や治療を受けるよりも少ない費用で気軽に始められるうえに、リスクもなく、効果も確実な対策方法です。