わきが・すそわきがの遺伝わきが体質は親から子へ遺伝する確率が高いです。

片親がわきがの場合は50%の確率で遺伝し、両親ともにわきがの場合は75%〜80%の確率で遺伝すると言われています。

また、わきがの人は、デリケートゾーンのわきが(すそわきが)でもある可能性が高いのです。

ポイント

わきがの家系で小さい頃から悩んできた人は、自分の子どもには悩ませたくないとわきがの遺伝について詳しく知りたいと思っています。そんな人達の悩みを解決するお役にたてればと思います。

わきがの原因とは?

わきがは腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれます。

腋臭症(えきしゅうしょう)は、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する人体形質で、それを有する個人の属する集団によっては疾患としての扱いを受ける。わきがとも呼ばれる。

わきが臭の原因は、アポクリン汗腺という汗腺から出た汗が皮脂線から分泌された脂分と混ざり、さらに皮膚の表面の細菌によって分解される際に臭いが発せられるところにあります。つまり、わきが特有のあの臭いは、細菌によって分解される際に発せられているものなのです。

また、汗が分泌される汗腺にはアポクリン汗腺のほかに、「エクリン汗腺」があります。エクリン汗腺は無色無臭ですが、ストレスや疲労などでたまる老廃物により臭いを発することがあります。

すそわきがの図

一般的にわきがの原因となるのはアポクリン汗腺で、ワキの下や陰部など体毛が多い場所に分布されていて、フェロモンを発散するための匂いがある汗を分泌します。

一方、エクリン汗腺は体温調整や緊張しているときなどに汗を分泌し、臭いはありません。ただし、足の嫌な臭いはこのエクリン汗腺から出た汗が原因で、この汗と一緒に流される古い角質や皮脂を細菌が分解する際に、臭いが発せられます。

さらに、細菌は蒸れた環境の中でどんどん繁殖するため、足の臭いも蒸れていればいるほど悪臭となります。

こまった

アポクリン汗腺は第二次成長期にいちじるしく発達するため、思春期と同時にわきがを発症したり、臭いが強くなってくる人も多いです。

わきがの人は「すそわきが」の可能性が高い

わきがに悩んでいる人は男性より女性のほうが多いです。さらに、わきがの女性の中には性器や乳輪からもわきが臭(腋臭臭)を発する、すそわきが(外陰部臭症)を併発している人が多くいます。

思春期の成長と同時に匂いを強く発するようになるわきがですが、すそわきがも同じで思春期の成長とともに臭いを発していきます。女性のすそわきがの場合は、生理中や排卵期、性行為のあとに強く臭いを発するため、男性との交際にも支障をきたして悩んでいる人は少なくありません。

遺伝するわきが・すそわきが

わきが・すそわきがは遺伝すると言われています。

それはメンデルの優性の法則(※)に基づいたもので、片親がわきがなら遺伝の確率は50%、両親がわきがなら75%〜80%の確率で子に遺伝するとされています。

すそわきがの遺伝する確率についての図

なぜ、わきが・すそわきがまでもが遺伝してしまうのかというと、おもな原因となっている臭いを発するアポクリン汗腺の数が子どもに遺伝してしまうからです。

優性の法則

親の性質のうち優性と劣性の遺伝子の両方が子どもに受け継がれた場合、性質が現れやすい優性の遺伝子のほうが表面にあらわれること。

優性の法則(ゆうせいのほうそく)とは、親の性質の現れやすいほう(優性)と現れにくいほう(劣性)があり、それぞれの遺伝子が同一個体に共存した場合、優性の側の形質のみが表現型として表れること。メンデルの法則の1つ。

耳あかが湿っているとわきが?

わきがの原因となるアポクリン汗腺は、わきや陰部以外にも外耳道(耳の穴)にもあります。そして、耳あかが湿っている状態の軟耳垢(なんじこう)を発症している人の98%がわきがも併発しているというのです。

軟耳垢の人は、耳の穴にあるアポクリン汗腺の数が通常より多く分布されています。そして、耳あかとは耳の中の古い皮や角質と、皮脂腺やアポクリン腺からの分泌物が合わさってできた老廃物です。軟耳垢の人の場合は、この汗腺の分泌異常が原因で耳あかを湿らせているとされています。

このことから、通常時に耳あかが湿っている人はわきがの可能性が高いとされていて、わきがを調べる1つの材料にもなっています。

さらに、この軟耳垢はメンデルの法則による優性・劣性形質でいうと優性形質となり、子へと遺伝されてしまいます。

こちら

必ずしも耳垢が湿っているからわきがという訳ではありません。あくまで関係性が深いとされている話になります。耳あかが乾いていてもわきがを発症している人もいます。

わきが・すそわきがチェック法

以下のチェック項目に1つでもあてはまる人はわきが・すそわきがの可能性があります。

  • 陰部の臭いが気になっている
  • 服や下着に黄色い汗じみがつく
  • 耳あかが湿っている
  • 家系にわきがの人がいる
  • 乳首から臭いがする
  • わきや陰部の毛が太くて濃い
子供に遺伝するわきが・すそわきがについて

わきが・すそわきがの遺伝

わきが・すそわきがは遺伝する傾向があります。そのため本人に自覚があり、わきが・すそわきがに悩んできた人が結婚して子供を産み親になると、我が子に遺伝しているかを強く心配します。

子供には同じ悩みで苦労させたくないと、お子さんが小さいうちからクリニックで、わきが・すそわきがの治療を受けさせる人もいますが、わきが・すそわきがともに思春期を迎えた頃から汗腺が成長していき大きくなります。

したがって、小学生などの早いうちから手術をおこなっても、再発する可能性が非常に高いです。

お子さんに、わきが・すそわきが遺伝の心配がある場合は、まずは治療をおこなうよりも子供にも使えるデオドランドクリームで臭いを抑えていく対策をおすすめします。